パレスチナにあるガザ地区の今後について

パレスチナにあるガザ地区の今後は、イスラエルとの和平が出来るかどうかにかかっています。

なぜイスラエルとの和平が重要なのか、それはガザ地区がイスラエルの手で経済封鎖を受けているからです。
経済封鎖を解かないと、ガザ地区の物資不足と困窮を打開することは出来ません。

逆に言えば、経済封鎖さえ解かれれば他国と貿易することも出来ますし、崩壊した建物の再建も容易に出来ます。そうなれば、カザ地区は再び豊かになることでしょう。

なので、ガザ地区の将来のためにはイスラエルとの和平がどうしても必要です。

ですか、ガザの市民にとってイスラエルは敵以外のなにものでもありませんし、恨みつらみが相当にたまっているので、和平をすることは困難です。

それを考えると、ガザの将来が明るいとはとても言えないでしょう。
ですが、かつて仇敵であったパレスチナ解放機構とイスラエルが和平合意したように、政治は一寸先は闇です。

なので、イスラエルとパレスチナ(特にガザ地区)との間で、電撃和平を結ぶことがないとはいえません。もしそれに成功すれば、カザ地区の将来は少しずつ明るくなるでしょう。

良くも悪くもガザ地区の将来はイスラエルの動きにかかっています。
ですので、ガザ地区の将来を占いたいなら、この両者の関係を注視しておくとよいでしょう。